以下のケースでは、センサーによるタグの感知が低下する可能性があるため、SPOTAGご利用時の記録が正しく読み取れない場合がありますのでご注意ください。
・複数人が重なりあった状態で同時にセンサーの前を通過する
・時速20km以上のスピードでセンサーの前を通過する
・タグが濡れた衣類や身体に遮られている
・風雨など悪天候の環境

以下の方法でのご利用をおすすめいたします。
・タグを手首の甲側からSPOTAGロゴが見えるように装着する
・センサー通過の際に、タグをかざすよう意識して走行する
・センサーとの距離を約3m以内で通過する
・仲間同士などで団子状態にならないようにセンサー前を通過する 
・手首に装着のタグとセンサーの間に人や車両などが重ならない状態で通過する
・タグが濡れた衣類や金属製品などに覆われないようにする

URLをコピーしました!