SPOTAGをはじめよう

タグを入手

Step 1

タグを入手

SPOTAGの利用を開始するには、SPOTAG専用タグが必要です。現在は下記のページからご購入いただけます。

※2019年10月1日からの消費増税対応により、オンライン販売を停止中です。販売再開まで今しばらくお待ちください。

SPOTAG専用タグを購入
QRコードを読み取る

Step 2

QRコードを読み取る

タグが到着したら、製品同梱のIDカードに記されたQRコードを読み取ってみましょう。これでタグの初回認証が完了します。

SPOTAG IDを作成

Step 3

SPOTAG IDを作成

次に、SPOTAGのユーザアカウントであるSPOTAG IDを作成しましょう。SPOTAG IDを作成すると、下記のようなメリットがあります。

  • イベントの作成や、他のイベントに参加できます。
  • 好きな画像をアバターのアイコンにしたり、自分のニックネームを登録できます。
  • IDカードがなくても、SPOTAGサイトにログインしてマイページにアクセスできます。
  • 新しいタグを購入したら、そのタグにプロフィールやワークアウト・イベント参加の記録を引き継ぐことができます。
  • 万が一タグを紛失しても、タグの登録を解除することで無断利用を防ぐことができます。

SPOTAGの利用イメージ

タグを装着

Step 1

タグを装着

まずはタグを手首に装着します。タグにセンサーが正しく反応すると、センサーに内蔵のランプが点灯するとともに「ピンポーン」という音が鳴ります。まずはタグをセンサーにかざして反応するかどうか試してみてください。

使い方のコツ

  • SPOTAGのロゴマークがセンサーに向くように装着してください。
  • 腕振りをしっかり行ってください。いわゆるウォーキングの姿勢はセンサーの精度が上がる場合があります。
  • センサーとの距離が約3m以内を通過するように意識してください。
使い方のコツ

諸要因によりセンサーの感度が低下し、通過の記録が正しく読み取れないケースがあります。詳しくはこちらをご確認ください。

SPOTAG設置コースでワークアウトを開始

Step 2

SPOTAG設置コースで
ワークアウトを開始

SPOTAGに対応した設置コースで、タグを手首に装着した状態でセンサーの前を通過すると、自動でワークアウトの計測が始まります。
※タグにセンサーが正しく反応すると、センサーに内蔵のランプが点灯するとともに「ピンポーン」という音が鳴ります

ワークアウトを終了・保存

Step 3

ワークアウトを終了・保存

最後のセンサー設置地点を通過してから60分が経過すると、自動でワークアウト結果が保存されます。
また、ワークアウト中はマイページに計測中の情報が表示されます。このとき「ワークアウトを終了」ボタンを押すと、好きなタイミングでワークアウト結果を保存できます。
※保存される内容は、最後にセンサー設置地点を通過した時点での計測結果です

マイページで記録を確認

Step 4

マイページで記録を確認

SPOTAG IDでログインするか、IDカードに記されたQRコードを読み取ると、マイページで自分の記録をいつでも確認できます。マイページでは移動距離、タイム、ペース、消費カロリーをはじめ、過去の計測データやイベントの参加記録を確認できます。

距離表示コース利用時のルール

距離表示コース利用時のルール
  • 当コースはランニング、ウォーキングのための専用コースではありません。他の公園利用者がいることを認識の上、園路では、安全に注意してご利用ください。
  • 広く横並びとなると、他の利用者の通行の妨げとなりますのでお控え下さい。
  • コースは反時計まわりで設定されておりますので、逆走はご遠慮ください。
  • コースを正しく通行しないと、正しく計測出来ない場合があります。
  • その他、公園のルールおよび、公園管理者の案内に従ってご利用ください。

気持ち良い利用のための五箇条

気持ち良い利用のための五箇条
  • 混雑時は無理をせず、ゆとりあるペースを心がけます。
  • 他の利用者、歩行者を抜く場合は十分注意の上、必要に応じて声掛けを行います。
  • クールダウンやウォーミングアップで道やコースを塞ぎません。
  • 常に思いやりの心を持って利用します。
  • 常に他の公園利用者への配慮を忘れません。

URLをコピーしました!